1. HOME
  2. 会社情報
  3. 事業紹介
  4. 製品・サービス
  5. 実績紹介
  6. 中心となる技術
  7. 採用情報

製品・サービス

地理空間情報

地理空間情報は、測量の成果に基づいて地理的要素、環境的な要素を加え、私達の生活空間を表現することにあって、20万1、2.5万1、1万1、基盤地図、国土基本図の他大縮尺の地形図等の地理情報システムの背景となる地図情報の他、各種台帳平面図等の構造化編集要素情報になります。

20万分の1土地利用図
土地利用図は、土地の利用状態を現地調査及び空中写真・資料等より分類し色分けした地図です。商業・工業などの機能区分、農地の利用区分等に分類されています。当社ではアナログの版イメージより効率的にポリゴン化を行い、版同士の座標不一致抽出等独自機能によりエラーを抽出し品質確保を行います。
20万分の1土地利用図
1万分の1地形図
道路などが詳しく表示された地形図で、建物形状、2メートルごとの等高線で地形も表示さる基本図です。当社では、図化、予察、現地調査、ベクトル化の実績があり、今日の地理院発注の基盤地図情報データ作成業務等におけるデータ作成の基礎部分を築いた経験でもありました。
1万分の1地形図
電子国土基本図(地図情報)
電子国土基本図(地図情報)は、道路、建物などの電子地図上の位置の基準である項目(基盤地図情報の取得項目)と、植生、崖、岩、構造物などの土地の状況を表す項目とを一つにまとめたデータです。電子国土基本図(地図情報)は、縮尺レベル25000の精度に限定することなく、より精度の高いものを含んだ我が国全域を覆うベクトル形式の基盤データで、これまでの2万5千分1地形図に替わる新たな基本図と位置づけられるものです。 電子国土基本図(地図情報)は、国及び地方公共団体などが行う国土管理、危機管理、環境対策などに必要不可欠な情報であることから、基盤地図情報や電子国土基本図(オルソ画像)の整備や更新と連携して効率的な修正を行いながら整備する予定です。特に、道路や大規模建築物などの主要な項目に新たな変化が生じた場合は、公共測量成果や国及び 地方公共団体などから資料収集を行い、迅速な更新を目指しています。
(「フレッシュマップ2011」電子国土基本図を中心とした地理空間情報の整備・活用推進行動計画)
出典:(リンク
当社は、一環した流れの中からデータが作成できるよう独自の仕組みを組み入れ、効率化を図るとともに精度確保に努めております。
基盤地図情報
基盤地図情報
1万分の1地形図の実績等を得た当社はいち早く本作業へ挑戦し実績を得る事に成功しました。現状においては、大量に生産する上でのデータ処理能力、キーポイント等を文書化し各作業員が共有する事と事例のフィードバックにより、品質確保を実現しております。
電子国土基本図
各種台帳図情報
道路台帳、河川台帳、下水道台帳、上水道台帳、公園台帳、公図、その他公共構造物台帳等の数値データを作成します。
各種台帳図情報